こんにちは~~~。


トレード中もいつもテレビつけっぱにしているんですが、
24時ぐらいにふとテレビを見るとグルメ番組・・・

しかも、わたしの好物!!!ラーメン!!!

うわぁぁぁぁ~~~・・・

腹減ってきた・・・

だけど、夜に食べるとお腹壊すことが多いので我慢。

なんとか耐えて番組が終わったんですが、次もグルメ番組・・・

チャンネル変えたらいいんですが、
本当においしそうでついつい見てしまう。

まさに、地獄だわ~~~。

さら~~~に、その後、


「春の炭水化物祭り」


という意味わからない題名だけど、これまたおいしそう。

実際、どれもおいしそうだった。


うどん!!!お好み焼き!!!おにぎり!!!パスタ!!!


1品くれないかな~~~って思いながら寝ました。

いや~~~、昨日はある意味大変な1日でした~~~。

ってか真面目にトレードしろ!!!ってことだよね・・・




<ポンドドル>

本当に基本的な内容ですが、ポンドとドルの合成通貨なので、
午前中はほとんど動かないことが多いです。

でも昨日は、少し早めに下落。

本来動きやすい時間とは違う時間に動いた場合、
すでにトレンドが終わっていることが多いので注意してくださいね。

4月4日 GBPUSD 30分足

15時から横の展開に・・・

この時にちゃんと止まった場所を確認してください。

すると、中長期のサポートがあります。

なので、チャートが綺麗だからといってショートしてしまうと、
反発に巻き込まれ損切になってしまいます。

このような状況でできるトレードは、


●中長期の反発を利用したロング

●反発の上昇に対する戻り売り


画像の四角の部分をとるぐらいしかできないんですね。

矢印の場所から下落していかなければ、
情報を確定させる、つまり日足の確定を待つことが多いので、
レンジ相場になる可能性が高くなります。

対処として、矢印の場所がレンジの高値になると判断し、
ショートをホールドしておくしかないかなって思います。

ただ、この時点で日足がどのようになるのか決定的な材料がないので、
無理に分析しようとしなくてもいいかなって。

なので、結局四角の部分だけを利益にするしかないって感じですね。

トレンドが早めに発生するだけで、かなりトレードがやりづらくなってしまいます。

いつもと違う時間に動き出したときは、止まった値をしっかり確認してくださいね。




<配信動画の内容>

では、今日から配信動画はドル円の解説をしていきます。

いつも同じことを話していますが、


●なぜトレンドが止まったのか。

●フォローはどのような場所から発生するのか。


これらについて話しています。



(動画は5日17時に配信されます。)





今日は、重要な指標がたくさんあります。

時間だけはしっかり確認しておいてくださいね。

直前のエントリーは控えるようにしましょうね。



今日もがんばっていきましょう。



それでは~~~。








ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓