こんにちは~~~。


昨日ふと思ったんですが、


ドル円の目標利益はどれぐらいですか?


たぶん15~20pipぐらいかなって思っているんですが、
よければコメントしてください。


ドル円の場合、損切幅を狭く設定できることが多いので、
15pipぐらいでも損小利大にはできるんですね。

だけど、目標利益が低いと何度も何度もトレードしないといけないので、
安定して利益を出し続けるって結構難しくなるんですよね。

なので、みなさんの目標はどれぐらいなのかなって思ったわけです。

なんか勝手なイメージなんですが、


ドル円 = スキャル


っていうのがあるんですよね~~~。

わたしがドル円でトレードするとき、
ほとんどがスキャルをするからかな~~~。

なんだか不思議です。





<ポンドドル>


最近ポンドドルは動いているんですがエントリーしていないです。


一昨日は、しっかり上昇したんですが、
いざエントリーチャンスがきたとき、


5分足が汚いな~~~。

この展開は、それほど好きになれないな~~~。


と思い、見送りました。



んで、昨日なんですが一度上昇したんですが、
なんとか上昇している感じの波形。


押しを完成させて、ダウントレンドが発生するのかな!?


って思って見ていました。

それで仕掛けてもいいかなって思うロウソク足があったんですね。

下落する前の候補はこの3つ。

3月28日 GBPUSD 30分足

それぞれ解説していきますね。



まずAから。

押しが完成し、一気に下落してきました。

押しを完成させたトレンドの最終価格帯付近だけど、
30分足では明確な場所がわからない。

最終価格帯の反発が弱い場合、
Aからフォローが発生することも多いので候補として全く問題なし。

だけど、フォローが発生しなかった場合、


●押しの押しが発生する。

●Aが高値になり短期的にレンジ相場になる。


どちらかになる可能性がある。

前者は、どうすることもできないので、損切で対応する。

後者は、あらかじめ想定して、かなり上からエントリーしないと対応できない。

ルールに当てはまらず、エントリーにできなかったんですが、
後者に対応するには損切が許容できないので、
どっちにしろ見送りになっていました。



次にBです。

Aから少し下落したんですが、直近のコマ足をしっかり抜くことができませんでした。

なので、下落が弱いと判断します。

だけど、下落が弱いと思われたロウソク足で上昇が止めれています。

つまり、上昇力はもっと弱いと判断し、
売りが継続していくと考えていきます。

ただし、30分足で横の展開を作っている時、
5分足でエントリーチャンスになることは少ないです。

MAはもともとトレンドのインジなので、
下落する直前にMAに反応があるのを期待します。


いざ、チャンス到来!!!

しか~~~し、監視時間外・・・


その後、綺麗に下落せず戻しがあったんですが、
ぎりぎり損切にはひっかかることはなかったと思います。



では、最後のCです。

すでに下落する準備がほとんど完成している状態で、
わざわざ戻しが発生しています。

これは本当にラッキーな展開ですね~~~。

実際にエントリーを考える波形はあまり綺麗ではなかったんですが、
環境認識がとても綺麗でした。

つまり、流れがとても綺麗な場合、
下位足が少し汚くても仕掛けてもよいと判断していきます。


まぁ・・・時間外なんですけどね・・・


結局エントリーしていませんが、
どのロウソク足で仕掛けていくか判断できていれば全く問題ありません。

候補が違っていた方は、1つ1つ確認してみてくださいね。





<配信動画の内容>


昨日の展開のドル円を解説します。

昨日は、上下する展開でしたが、想定できる展開でした。

ただ、


●いつ目線を切り替えるのか。

●なぜその波を狙うのか。

●上位足のシナリオがどのように変化しているのか。


結構考えながらトレードしないと混乱してしまいます。

まぁあくまで個人的な意見ですが、
こういう相場は結構好きです。

特に、NY時間の横の展開ですね~~~。

ってか、昨日この場所が一番利益が多かった・・・

実際にどんな場所でエントリーしていたのかも話しています。

ただ、スキャルの考え方なので、
あくまで参考程度にしてくださいね。



(動画は29日17時に配信されます。)




スキャルの展開を話すぎた・・・

約40分の動画です・・・

あ~~~、喉痛い・・・





昨日大きく動いたことで、今日も期待しています。

ただ、期待はあくまで思惑なので、
丁寧にトレードしていきましょう。

思惑でするエントリーはどうしても雑になりやすいので。




今日もがんばっていきましょう。




それでは~~~。







ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓