こんにちは~~~。


昨日のEURGBPでエントリーしたのが、ココ!!!

7月18日 EURGBP


矢印でエントリーしてチェックで決済。

もう少し伸ばしてもよかったけど、
PCを見れなかったので早めの決済だったかな。

まぁ見ててもそれほど伸ばしてなかっただろうけど。

んで、何が言いたいのかというと、


「すげ~~~だろ~~~!!!」


ってことでは全くないんですね。

こういうトレードを見たときに、


「なんで止まる場所がわかるんだろ???」


って思った方は気を付けた方がいいかなって。

どんなトレーダーでも未来が見えている人なんていないんですね。

(もしかしたらいるのかな・・・)

だから、


「止まる場所なんて知らない!!!」


でも、


「底からエントリーしてるやん!!!」


それはね、


「止まった場所から判断してるから。」


ついつい、止まる場所を探してしまうんですね。

だけど、それは誰にもわからない。

だから、止まりそうな場所の候補や止まった場所を
探しているんですね。

この意味を理解するのは結構大変。

だけど、いつかはやらないといけないから
今回ブログで書いているんですね。

今回と似たような疑問で、
例えば、


●サポ候補が3つあります。


「どのサポで反発するんだろ???」


って感じの疑問。

本当に初心者の頃は、


「全部エントリーすればいいじゃん!!!」

「ナンピンしてもいいから反応したやつ全部エントリー!!!」


これに近い発想をします。

だけど、勝っている人ってそんなことしていないんですね。

ピンポイントで1つを選択し、トレードしていることが多い。

なぜ、そんなことができるのかというと、


「反発の波形を決めているから!!!」


あてはまったときだけトレードしているんですね。

だけど、何も知らないときって、


「この人は止まる場所がわかるんだ~~~。」


って思ってしまう。

んで、反発波形っていっても、それほど種類があるわけではないし、
仮に多くの波形があったとしてもすべてを使ってトレードするのは難しい。

だから、3~5種類ぐらいに絞ってその波形が出たときだけ、
トレードしているんですね。

昨日のトレードだって、結構中途半端な場所でした。

なので、30分足を確定させ、止まった場所を確認。


●なんで止まったんだろ???

●ここで止まる意味はなんだろ???

●どういう値動きになりやすいんだろ???


そういったことを考慮して、エントリーしたわけです。

画像を見て、


「なんで止まる場所がわかるんだろ???」


って思った方は、少し考えられてみてください。

んで、水平線を引いて、反発波形を決めてみてください。

すると、わりとすっきりした気分でトレードができるようになりますよ。

ってことで、今日の冒頭は終わりっす。





<無料動画>

今日は7月10日から14日のEURUSDの復習動画です~~~。

前半は、比較的綺麗にフォローが発生しました。

しかし、後半は上下する展開になり難しくなりました。

後半で負けてもしかたがなかったかなという印象です。

お時間あるときにみてください。

ではどうぞ~~~。








今日は少し指標がありますね~~~。

ドル円はどこまで落ちるんだろ~~~。

いつものように、わかる場所がでるまで
のんびり待つしかないですね。


今日もがんばっていきましょう。



それでは~~~。










ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓