こんにちは~~~。


ちょっと前に質問があったんですが、


「なぜ15分足と1時間足を使わないんですか?」


何度か説明している内容ですが、
数値を示して解説はしていませんでした。

概要を説明して、


あとは興味がある人は調べてみてくださいね~~~。


って感じにしていたんですね。

なので今回は、


●時間軸について


少し詳しく説明していきたいと思います。

まず、各時間軸でどれぐらいエントリーチャンスがあるのかを見ていきます。

あくまでエントリーチャンスであって、
実際にエントリーした場所ではないので注意してくださいね。


検証した期間は、2017年4月のドル円です。


4時間足 ⇒ 7回

1時間足 ⇒ 29回

30分足  ⇒ 48回

15分足  ⇒ 60回


だいたいこれぐらいチャンスがあるんですね。

当たり前のことですが、下位足にすればするほどチャンスは増えていきます。

ではなぜ増えるのか。

それは、


水平線に引き付けてエントリーできるから。


トレードをする場合、水平線に引き付けてエントリーしようと考えます。

しかし、上位足で引き付けようと考えてもなかなか引き付けれないことが多いです。

その理由は、引き付ける場所がすくないからです。

上位足のメリットは、細かな動きに左右されないことです。

しかし、細かなロウソク足がないということは、
それだけ力関係がわかりづらく水平線が引けません。

なので、どうしてもチャンスがすくなくなってしまうんですね。

ここで考えほしいのが、


「トレードして損失はどんな時に多いですか?」


引き付けてエントリーしても負けた経験があると思います。

多くの場合が、


「トレンドが発生しなかったから!!!」


つまり、


「レンジ相場で引き付けたから!!!」


だけど、いつレンジ相場になるのかは誰にもわかりません。

なので、チャンスが多い方が有利とは限らないんですね。

んで、考えてほしいのが、


「15分足と30分足のチャンスの差」


ロウソク足の数が倍になっても、わずか12回しか差がないんですね。

情報が増えれば増えるほど、正しいものを選択するのが難しくなります。

さらに、


レンジ相場が苦手な人だったら???


15分足を積極的に選択する理由は特にないですよね。

わざわざ難しくする必要はないですし。

なので、考えやすく混乱しづらい時間軸ってどれかな~~~って
いろいろ見ていくと30分足がバランスがよかったんですね。

だから、動画では積極的に使っています。


ただ~~~し!!!

30分足が正解ではないですよ!!!


トレードスタイルや性格によってやはりベストな時間軸は違います。

レンジ相場が得意な人にとって、
時間軸をあげてしまっては意味がありません。

そういう方にとっては、15分足の方がよい場合が多いです。

まずは、


「自分のトレードを見直してみてください!!!」


いつ負けることが多いのか。

どこで利益になることが多いのか。


これらを分析することで自分にあった時間軸を見つけることができます。

たかが時間軸だけどこれって結構重要なんですよね。

一度検証してみてください。



ということを動画にしました!!!笑

記事とほとんど同じ内容ですが、お時間あるときに見てください。

ちなみに鍵はかかっていません。

まさか、埋め込みコードで動画の載せ方がわかったから、
一度やってみたかったとかそんな理由じゃないからね!!!

たぶん・・・きっと・・・

ではどうぞ~~~!!!




今日もがんばっていきましょう。



それでは~~~。




ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓