こんにちは~~~。


<無料動画>

今日は先週のEURUSDの復習動画です。

今回のポイントは、


●トレードの基本。


為替にはいろいろな手法があります。

その中で、基本と言われているのが「ダウ理論」です。

もちろん普段の解説でも説明しているのですが、
他のことも多く話しているので気づきにくいかもしれません。

なので、今日は基本的な部分を中心に話しています。

トレードがうまくいっていない時は、
基本に戻ってみるのもいいと思います。

お時間あるときにみてください。

ではどうぞ~~~。






今日はFOMCがあります。

大きく動く指標なので、時間の確認をしておいてくださいね。



今日もがんばっていきましょう。



それでは~~~。





ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓


こんにちは~~~。


<配信動画の内容>

今日はドル円の復習動画を配信します。

今日の内容は、

5月22日 USDJPY M30

●水平線の引き方。


四角のトレンドのように陽線ばかりのトレンドの時、
どこに水平線を引けばよいのかわからないことがあります。

そんな時に何を見ているのか、わたしが考えていたことを話しています。

あと、


●ギャップの考え方。


正しいギャップの場所と考え方を復習しておきましょう。

何度も話したことがありますが、
ギャップの注意点についても話しています。

合わせて確認していきましょう。




(動画は22日17時に配信されます。)




今日はそれほど指標がありません。

特に気にする必要はないかなって思っています。



今日もがんばっていきましょう。




それでは~~~。






ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓


こんにちは~~~。


前回の記事で、


「ユーロ円最高じゃねっ!!!」


って感じで言ってたんですが、

普通に考えたら、、、


「じゃ~~~なんでやってなかったの?」


ってなりますよね。

それなのに何も考えずに監視していて、
ヒゲの先端で何回か損切になってやっと理由を思い出しました。

それは、


「スキャルが難しい・・・」


ユーロ円でスキャルをしたら分かるんですが、
1分足のヒゲで損切になることが多いんですね。

しかも、展開が早いので少しのミスで結構負けてしまう。

だから、5分足を基準にした方が安定します。

でも、基準を上位足にしまうとボラが適度にないといけないし、
結局デイトレやっているのと変わらないんですよね。

最近は動いているから問題ないんですが、
今後どうしようか考え中です。

あと、もう1つ問題があったの忘れてました~~~。

それは、


「ピラミッティングがやりづらい・・・」


ドル円の場合、1分足のヒゲで損切になるというよりも
そもそも方向が違って損切になることの方が多いんですね。

それにスプレッドも狭いのでピラミッティングがやりやすい。

でもユーロ円の場合、5分足を基準にしているので、
損切幅がわりと広いし、狙っているのはプチデイトレ。

なので、結果的に利益になるときって
小さなトレンドが発生しているときに限定されてしまう。

んで、トレンド中は戻しが少ないのでピラミッティングに向いてない。

だから、結局ドル円の方がやりやすいし利益が多いんだけど、


「上位足のトレードってのんびりで楽だな~~~。」


って久々にやって思ったんですよね。

なので、ちょっと悩み中です。

5分足基準で2~3通貨監視が一番楽なんだろうな~~~。

こればっかりは実際にやってみないとわからないですね。

とりあえず、報告終わりっす。




<配信動画の内容>

今日はドル円の復習動画を配信します。

今日の内容は、


●トレンド中で気を付けること。


トレンドが発生していても、
ジグザグ動いているのでタイミングをとるのが難しかったりします。

また、ラインがないところからの反発など実際にやってみると
なかなか利益が残らないということがあります。

いろいろ気を付けることがあるんですが、
今日はその中から、


「トレンド中のタイミングの取り方。」

「やってはいけないエントリー。」


これらについて話しています。

どちらも基本的なことですが、為替は基本がとても大切です。

一緒に復習していきましょう。




(動画は19日17時に配信されます。)




今週もお疲れ様でした~~~。

ゆっくり休んでまた月曜日からがんばっていきましょう。




それでは~~~。






ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓



こんにちは~~~。


トレードやり始めた頃はユーロ円しかやってなかったんですね。

たぶん3年間ぐらいずっと。

当時の理由は、


「スプレッドとボラのバランスがめっちゃいい!!!」


こんな感じでした。

んで、ボラもだんだんなくなってきたので、
最近は全く見ていなかったんですね。

でも、2,3日前になんとなくチャートを開いたんですね。

なんか懐かしくてついついトレードしていました。

現在の感想は、


「展開はえ~~~な!!!」


水平線に到達すれば、すごい勢いで反発するし、


「今日はこれで終わりかな~~~。」

「明日は一旦戻り売りの展開かな~~~。」


なんて考えていたのに、すべて1日で終わってしまう。

ボラは当時の半分もないけど、これははまる理由が分かるかな~~~。

やってて退屈しないってか待つ時間がそれほどないし、
適度なボラがあるのでミスもすぐ取り返せる。

ってことで久々に監視しようと計画中。

でもさ、、、きっとさ、、、監視したらさ、、、


「低ボラのレンジ相場になるんだよね・・・」


期待せずにのんびり見るか~~~。




<無料動画>

今日は先週のEURUSDの復習動画です。

今日の内容は、


●長期足の水平線の対応。


長期のトレンドが発生しているので、
日足以上を見ないと水平線が引けない状況です。

長期足の水平線は、結果を見れば反発していると思えるけど、
実際にエントリーするととても大変です。

なので、どのように対応し、何に注意しないといけないのか、
これらについて今日は話しています。

お時間あるときに見てください。

ではどうぞ~~~。






今日も指標が多くあります。

動くかわかりませんが、時間の確認はしておいてくださいね。



今日もがんばっていきましょう。





それでは~~~。





ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓


こんにちは~~~。


昨日トレードしててなんとなく思ったことなんですが、

例えば、


●4時間足はアップトレンド。

●1時間足は少し崩されている状態。

●30分以下は戻り売り。


こんな場合、どうするのかってこと。

デイトレ以上のスタイルの場合、
やはり4時間足と流れが一致するまで待つのがよいかなって思います。

ただ、デイトレ以下のスタイルの場合、
4時間足のサポまでショートするのもありだと思います。

そうすることで1時間足以下のトレンドに逆らうこともないし、
長期の流れを崩すことがないので複雑に考える必要もなくなります。

でも、突然そういう場面になったときは迷ってしまいます。

そんな時は、無理にエントリーしようとせずに、


「なんでこのトレードスタイルにしているんだろ。」


ってことを考えるとよいと思います。

わたしの場合、短期トレードを基本にしています。

なぜなら、


「反発を毎回確認したいから。」


でも、そもそも毎回確認する必要はあるのか、
と言われるとする必要はないと思います。

どんなに確認しても結局わからない部分があります。

なので、一旦決めたシナリオまでホールドしておく方が、
精神的にも楽だと思います。

だけど、客観的に見て楽だとわかっていても、
その人にとっては違うことが多々あります。

わたしのように細かいことまで気にする性格だと
スキャルの方が精神的に楽なんですよね。

まぁ何がいいたかったのかというと、


「迷ったらなぜそれをしているのか!!!」


自分が納得するまでさかのぼっていけば、
結果はどうなるかわかりませんが答えは見つかると思います。

なので、疑問や迷いがあったら振り返ってみてくださいね。




<配信動画の内容>

今日はドル円の復習動画を配信します。

今日の内容は、


●戻しがある波形。

5月15日 USDJPY M30

四角のような戻しがあるのか、とエントリーするときに気になります。

そんな時に何を見ていればよいのかを話しています。

あと、


●ピラミッティングのコツ。


普通の内容になるんですが、解説しています。

ピラミッティングをしようと思っている方は、
参考にしてみてくださいね。




(動画は15日17時に配信されます。)




今日は指標が多くあります。

監視通貨に合わせて、時間チェックしておいてくださいね。



今日もがんばっていきましょう。





それでは~~~。






ねこをぷにっとお願いします!!!
 ↓ ↓ ↓